主婦の思わぬ出費にキャッシング

誰でも、今月はお金がピンチ!!というときはあるでしょう。独身だったらまだ、自分我慢すればいいだけですし、何とかなるかもしれません。しかし、家族を持つ主婦だったらどうですか?家計を任されているのに、今月お金がなくて…なんて話をするわけにもいきません。家計の管理不足だなんていわれてしまうかもしれません。しかも、家族にもお金がないからといって我慢をさせなくてはいけないのは心苦しいですし、そうすることによって、旦那さんにも心配をかけてしまいます。できるだけ家族には心配をかけずに何とかしたいですよね。旦那さんも、自分の収入が少ないから…なんてショックを受けてしまうかも。

 

思いがけない出費があるときには、キャッシングの利用を考えてみましょう。
継続的に駆り続けるのはいつか返済ができなくなるので危険ですが、思いがけない出費に対して使うのであれば、利用してみてはどうでしょうか。

 

家族にも知られず、自分だけで解決したいお金の問題も主婦にはあります。
キャッシングはそんな主婦の味方をしてくれますから、まずは何のためにお金を借りたいのかを明確にし、そして必要な額だけを借りて、ピンチを乗越えましょう。

 

専業主婦の方は・・・

専業主婦は、家で家事や家族の世話をしているといっても、実際に社会で働いているわけではないので、収入はありません。旦那さんのお給料からもらうお小遣いは給料ではないですよね。

 

そのため、いざキャッシングを利用しようと思ったときに不利になるといわれています。通常は収入証明書などを提出し、消費者金融なら総量規制で年収の3分の1までしか借入ができないという法律があります。専業主婦は年収の3分に1も何も、収入がないのです。だったら借りられない…という結論になってしまいますよね。

 

どうするといいのかというと、配偶者貸付を行っているところを探す方法です。旦那さんに安定した収入があれば、旦那さんの収入を使って、その3分の1までは専業主婦が借りられるというもの。それ以外には、主婦向けのローンを探す方法です。主婦を狙った悪徳業者もいるので気をつけなくてはいけませんが、専業主婦でも借りられるカードローンを展開している業者もあります。また、総量規制が適用されていない銀行系のカードローンを利用するというのもお勧めです。

 

専業主婦はキャッシングをする際に結構大変ではありますが、借りられる方法も探しているうちに見つかるはずです。

 

主婦キャッシング初めての人

2015/02/27 10:49:27 |

主婦でも、パートに働きに出ている人は少なくないでしょう。
共働きは当たり前のようになってはきましたが、まだ女性側が家事を全面的に負担しなくてはいけないパターンが多いので、バリバリ働くというよりかは、家計の足しに…とパートに出かけるのです。
働くのが好き、家でじっとしていたくないという人にとっては、気分転換にもなると思います。

 

パート主婦の場合、キャッシングを利用しようと思った場合には、そのパート収入が自分自身の収入となります。そのため、実際にその年収をキャッシング業者に伝え、それで審査をしてもらうことになるでしょう。主婦でも、自分自身で稼ぎがあるパート主婦のほうが、専業主婦よりもキャッシングの審査には通りやすいといわれてます。自ら稼いでいるという事は、その中からきちんと返済できると判断されるからです。

 

しかし、総量規制という壁はあります。消費者金融の場合は総量規制が適用されるので、年収の3分の1までの借入となります。パートだとそれほど収入がないと思います。そのため必然と借りられる額は少なくなるでしょう。
それでも自分の収入があるというのは専業主婦よりは有利ですから、審査を受けてみましょう。以前に審査にひっかかる違反などがなければたいていは審査はクリアできると思います。

2015/01/20 13:43:20 |

主婦でもお金を借りたいときには、キャッシングが利用したいと思うでしょう。キャッシングを利用する際には、審査を受ける必要があります。
どのような審査かというと、まずその人に対して貸しても大丈夫な人なのか、を調べます。今までの金融事故がないかどうか、ほかにも借りているお金はないかどうか、そして今現在収入があるのか…などと、総合的にチェックして返済能力があるかを見極めるのです。
金融事故やほかでの借入がないとしても、専業主婦であれば年収はありません。パート主婦であっても、家計の足しにとしている人にとっては金額は少ないでしょう。その状態で本当に審査が通過するのか、不安もあるはず。
確かに主婦は審査に落ちやすいなんていわれていますが、配偶者の収入を主婦の収入とみなしてお金を貸してくれるところもありますし、パートなら少なくても収入があるから、と特に問題なく借入ができることも。
もしかして審査に通らないかも、といって審査の際にウソをつくだけは絶対にやめましょう。信頼が一気に失われてしまいます。本当のことを申告して、それでも貸してくれるとう業者を探せばいいのです。

 

主婦のカード審査について

キャッシングを利用する際には、必ず審査が必要です。貸して欲しいいう人になりふり構わず貸してしまう業者というのはありません。きちんとその人が返済をできるような能力があるのか、ということを確かめた後に、実際にお金を貸してもらえます。
その確かめる作業というのが、審査というわけです。審査では年収から始まり、その人が今までどんな経歴を持っているのか、お金に関してのだらしなかった部分はないのか…などと信用情報を元に色々と調べます。信用情報に金融事故で過去に借りていたお金を返すのが遅くなった、なんて事実が書いてあれば、それだけで審査は受かりにくくなります。
収入も大きく左右をします。安定した収入があれば返済も可能と審査通過しやすいですが、主婦の場合はどうでしょう。専業主婦なら年収はゼロですし、パート主婦でも少ない年収しかなければ、制限がついてしまいます。

 

しかし偽って申告をして審査を受けることはできませんし、審査の際に信用情報を確認するのでバレてしまいます。そのため、主婦であることを隠さず、主婦として借りられるカードローンを探すべきだと思います。審査も受けてみなくては分からないところはありますが、審査を一度受けて落ちると、それも信用情報に記載されます。そのため、短期間でいくつも申し込むと他の審査を受けたときに不利になるので、期間を空けて申込みしてくださいね。